So-net無料ブログ作成

お風呂のカビ対策はOK? [CLEAN]

我が家で浴室もリフォームして開放的で良いです。
業者の方に浴槽のおすすめ清掃の仕方を尋ねたところ、
使用後はシャワーで石鹸の泡等を洗い流せば、
特に洗わなくて結構ですと言われました。
半信半疑で使用していましたが、
やはり水をかけたぐらいでは、
どうしても石鹸成分や人の皮脂等が残り、
カビの発生になる様です。

汚れがきつくなったら不衛生で嫌ですので、
浴槽の湯を入れ替える度に浴室全体の清掃をしていました。
でも天井は脚立を使わないと
届きませんので、殆ど放置していました

最近、黒いプツを時々見かけるようになりましたので、
近い内に天井を一気に清掃しようと考えています。

特に温度と湿気が有りますので、カビが好む環境です。
目地のシール部分は特に黒カビが発生しやすいです。
出来るだけプツと小さい内にやっつけましょう。
いずれにしても、中まで浸透するタイプが効果抜群です。
根こそぎ5分で退治とかいう対応がお勧めです。
またお風呂の床面が滑る止めのイボイボが付いたりしていると
そこに洗剤の一部が残り、そこにカビが増殖し、黄色っぽいカビが
発生し、さらに進むと濃い色に変化し、取りにくくなります。
初期の内の処理をお勧めします。
シャンプーとかの置き台の裏側は黒カビが出易いので、チェックし
根こそぎ5分でのタイプでやっつけましょう。

浴槽の縁に付く黄色みがかったラインは、私も色々試しました。
○○革命、酢、重曹、他も試しました。
結果的にはルックをスプレーしラップで蒸発をしない様にして
暫く放置し、スポンジでゴシゴシ洗剤の原液でこすり落としたのが
効果的でした。
もっと、軽く落とす為に考えます。

浴槽のカビの原因は天井についているカビの胞子らしいですので
定期的に天井の清掃をすると、下部のカビの発生を抑制出来ると
思います。

カビで食中毒になったら嫌ですから、コマ目に掃除をします。

綺麗な空間は気持ちの良いものです。
綺麗な空間ですと、少しの汚れで気付きますので
良いサイクルで生活が出来ますので良いですね。
タグ:カビ対策
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨の時期のカビ対策 大丈夫? [CLEAN]

梅雨の時期はカビが増殖し易いので清潔に

関東でも梅雨の気配が漂って来ました。
これまでかなり高温が続いていましたので、ホットします。
しかし、梅雨に入ると、怖いのがカビです。

そこで、カビによる食中毒や見かけの悪い黒カビなどの
対策を話します。

台所は、水を使う頻度が高く、湿気を持ちやすいので、カビが好む
場所だと思います。

そこで、カビの発生を抑える対策です。
◆まな板:中性洗剤で洗って、除菌します。
◆スポンジやブラシ等:夕食後に毎回沸騰消毒です。
洗剤の泡を残すとカビの餌になりますから、
洗剤を残さず洗い、熱湯消毒が一番効果的です。
スポンジを触ってもスッキリ感が良いです。

次は洗面所
洗面所は顔や手を洗うので汚れと洗剤が残ります。
次第にヌメリなどが出てきますので、
洗面所の表面とパイプをブラシで洗います。
間隔を詰めて掃除をしないと悪臭が出る恐れが
有りますので、毎月くらいの頻度で掃除をします。

続いてお風呂場
特に温度と湿気が有りますので、カビが好む環境です。
目地のシール部分は特に黒カビが発生しやすいです。
出来るだけプツと小さい内にやっつけましょう。
いずれにしても、中まで浸透するタイプが効果抜群です。
根こそぎ5分で退治とかいう対応がお勧めです。

またお風呂の床面が滑る止めのイボイボが付いたりしていると
そこに洗剤の一部が残り、そこにカビが増殖し、黄色っぽいカビが
発生し、さらに進むと濃い色に変化し、取りにくくなります。

初期の内の処理をお勧めします。

シャンプー等の置き台の裏側は黒カビが出易いので、チェックし
根こそぎ5分のタイプでやっつけましょう。

食中毒の発生し易い時期です、清潔にして
暮らしの安全をキープしましょう。

タグ:カビ対策
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
グリーンエネルギーナビ
a

今の時代、自立し健康で暮らすという事はとても重要です。長生き時代と自立はとても大事、一生寝たきりにならず生きる。健康で長生きするには早歩き1.3m/秒が必要。

健康寿命で長生きする為に早足強化ウオーキング