So-net無料ブログ作成

前立腺肥大症 [健康不調]

映画好きで年間50本以上を見ていた年に急に小水を感じ急いで行ったが、トイレの前に立つも小水が出ない。その後内科医次に泌尿器科を訪れ治療を開始した。初診の時にがんの疑いもあると脅かされた。2種類の薬を朝と夕方に服用し1か月後PSA値の値の減少でガンか否か判定すると言われた。1か月間はガンではない事を念じる毎日だった。1か月後の通院で医師からがんではない可能性が高いと言われ、この医師を信じ通院しようと決めた。
毎月通院するが毎回尿検査と薬を処方されるだけで、特に変化が無い。
年に1回の人間ドック検査時にPSA検査を追加してガンの可能性の検査をみる事を継続した。そして3年間が過ぎた。私は社会人になって献血を毎年2~4回行ってきたが前立腺肥大症で処方される薬を服用している為献血も中止となった。また再開したいといつも考えていた。
それには薬を止めないと叶わない。自己判断で止めても後で再開になるだろうし別の方法で前立腺肥大症を治したいと考えていた。
芸能人で前立腺肥大症の手術を行い体調不調になったという事例も聞いていたので、手術の方法も選ぶ必要があった。
前立腺を切除すると男性ホルモンのバランスが崩れ女性化するとか元気が出なくなるとかあるそうだ。前立腺を切らずに対処する方法は無い物かと良い方法を探していた。
zenritsusen.jpg
そこで、隣町の大きな新しい病院に予約をし泌尿器科を訪ねた。
医師に、これまでの経過と自覚症状を報告した。医師からまずは泌尿器系統を検査すると言われた。具体的には尿道系統に造影剤を入れてレントゲン撮影する方法だった。造影剤を入れ、血液検査と心電図を撮り、泌尿器系統のレントゲン撮影を縦横2方向から行った。性器は造影剤漏れ防止と包帯でぐるぐる巻きにしてされている。レントゲン撮影後画像が上がってから医師と画像を見ながら説明を受けた。
画像を見たら尿道のよじれと前立腺内部に不要な遺物(タンパク質と脂肪)が沢山ついていた。
頻尿は尿道のよじれで、お小水を溜められないのは異物の成長という訳だ。この画像を見てとても薬で治るとは思えないと思った。
医師は自信満々に手術の方法や安全性や術後について説明をしてくれました。これこそ私が望む措置方法だと思い、その場で予約をしました。
冬場は特にオシッコノ間隔が短くなるので手術を希望する方が多く、1か月先になるという事だった。これで薬の無い生活に戻れ献血も再開できると喜んだ。
その後病院のトイレで小水を試みたが結構痛みを感じ、恐々小水をした。その後も尿道に傷がついているので痛みを感じ血が混じり恐々のおしっことなった。ウオーキングに行った時急におしっこをしたくなり藪でおしっこをしたらゴボゴボっと音がして造影剤が出た。これも結構痛みを感じたが大分楽になった。1か月後手術をするが、その際は術後結構な痛みを感じるだろうと覚悟したもんだ。

























nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
グリーンエネルギーナビ
a

今の時代、自立し健康で暮らすという事はとても重要です。長生き時代と自立はとても大事、一生寝たきりにならず生きる。健康で長生きするには早歩き1.3m/秒が必要。

健康寿命で長生きする為に早足強化ウオーキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。